■index ■profile ■schedule ■CD ■repertoire ■article ■data ■gallary ■link

コンサートシリーズNo.24★津田ホールで音楽三昧2003-2005 Part2

謎。惑星。音楽三昧。

2004年1月16日(ノバホール・つくば)/1月18日(津田ホール・東京)

『音楽の友』2004年1月号 CONCERT NAVI/山野雄大

アンサンブル「音楽三昧」をご存知ないならもったいない。この5人編成のユニット、古楽器(チェンバロ、ガンバ、リコーダーなど)とモダン楽器(フルート、ヴァイオリン、チェロ、コントラバスなど)を駆使して、ピアノ曲やオーケストラ曲を独自の編曲で室内楽として演奏してしまう。と、ここまできいて怪訝に思われたらさらにもったいない。百聞は一見(聴)にしかず、アルバムも5枚出ているのでいずれかお手に取ってみれば、大編成であろうとも大胆精妙(かつ誠実)な室内楽に変身していることに、最初は破顔、やがて感嘆という順でお楽しみいただける。このユニークなアンサンブルが今回取り組むのは、なんとエルガー《エニグマ変奏曲》とホルスト《惑星》より(火星、金星、水星、木星)。これまでもショスタコーヴィチの第5交響曲などを見事に換骨奪胎してきた5人のこと、今回もユニット名にふさわしい時間を約束してくれるはず。

Program

エドワード・エルガー Edward William Elgar (1857-1934)
小品集
序曲 〜 「子供の魔法の杖」より
Overture from The Wand of Youth op.1a
さようなら
Adieu
メヌエット 〜 「だて男ブランメル」より
Beau Brummel  Minuet from incidental music for a play
アダージョ 〜 「チェロ協奏曲 ホ短調」より
Adagio from Concert for Violoncello and Orchestra op.85
朝の歌
Chanson de matin op.15

グスタフ・ホルスト Gustav Holst (1874-1934)
大管弦楽の為の組曲「惑星」 作品32より The Planets  Op.32
第1曲 火星 「戦争をもたらす者」 Mars, the Bringer of War
第2曲 金星 「平和をもたらす者」 Venus, the Bringer of Peace
第3曲 水星 「翼のある使者」 Mercury, the Winged Messenger
第4曲 木星 「快楽をもたらす者」 Jupiter, the Bringer of Jollity

休憩 Intermission

エドワード・エルガー Edward William Elgar (1857-1934)
管弦楽のための独創主題による変奏曲「謎」 作品36
Variations on an Original Theme(Enigma) for orchestra  Op.36

編曲:田崎瑞博 Arranged by Mizuhiro Tasaki

ENSEMBLE ONGAKU ZAMMAI
田中潤一 :フルート、アルトフルート、リコーダー
川原千真 :ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ
田崎瑞博 :ヴィオラ、チェロ
蓮池 仁 :コントラバス
加久間朋子 :チェンバロ、ハープ

■index ■profile ■schedule ■CD ■repertoire ■article ■data ■gallary ■link