コンサート情報へ戻る

Dmitri Shostakovich
古典四重奏団 QUARTETTO CLASSICO

ショスタコーヴィチ 弦楽四重奏曲全曲演奏会 2014-2018年
ショスタコーヴィチの自画像 V
1974年まで

D.ショスタコーヴィチ
弦楽四重奏曲 第13番 変ロ短調 作品138 (1970年)
弦楽四重奏曲 第14番 嬰ヘ長調 作品142 (1973年)
弦楽四重奏曲 第15番 変ホ短調 作品144 (1974年)

3月公演

2018年318日(日)14:30開演(14:00開場)
近江楽堂(東京オペラシティ3F)

助成 : 公益財団法人日本室内楽振興財団

古典倶楽部会員の、ウェブ/チケットオーダーページでの先行発売開始日: 1月3日(水)午前8時

座席は希望順に「備考欄」に10席までお書きください。1月4日(木)23時頃、確定した座席をお知らせいたします。
枚数が複数の場合でも、先行予約が可能です。
(会員でない方のチケット料金は、1枚3,800円です)
1月5日(金)以降は、通常どおり残席をお知らせし、その中からご選択いただきます。

一般発売開始日 : 2018年1月9日(火)
お電話での発売開始日 : 2018年1月9日(火) 
ビーフラット・ミュージックプロデュース 03-6908-8977

6月公演

2018年621日(木)19:00開演(18:30開場)
近江楽堂(東京オペラシティ3F)

古典倶楽部会員の、ウェブ/チケットオーダーページでの先行発売開始日: 3月28日(水)午前8時

座席は希望順に「備考欄」に10席までお書きください。3月29日(木)23時頃、確定した座席をお知らせいたします。
枚数が複数の場合でも、先行予約が可能です。
(会員でない方のチケット料金は、1枚3,800円です)
3月30日(金)以降は、通常どおり残席をお知らせし、その中からご選択いただきます。

一般発売開始日 : 2018年4月3日(火)
お電話での発売開始日 : 2018年4月3日(火) 
ビーフラット・ミュージックプロデュース 03-6908-8977

全指定席(限定80席)/3,800円 
古典倶楽部会員価格/3,800円
(今後のご来場回数によって会員価格は下がります。

「行けば行くほど安くなる!!」
古典倶楽部会員価格は、以下のとおりです。
ご来場回数1回 3,800円
ご来場回数2回 3,500円
ご来場回数3,4,5回 3,000円
ご来場回数6,7,8回 2,000円
ご来場回数9,10回 1,000円

※このシリーズは、5年間にわたり、各プログラム2公演ずつ、計10回開催されます。
※古典倶楽部会員の方は、公演来場回数によって料金が変わってゆきます。
※来場回数の加算は、会員お一人様ごととなります。
※古典倶楽部会員の方は、先行予約が可能です。「古典倶楽部ミニ通信」にてご連絡いたします。

古典倶楽部ご入会のご案内

主催 : 古典四重奏団
マネージメント : B-flat Music Produce
illustration : KATSURAGAWA Jun

助成 : 芸術文化振興基金助成事業
お申し込み・お問い合わせ
古典四重奏団 http://www.gregorio.jp/qc/
ビーフラット・ミュージックプロデュース 03-6908-8977
インターネットチケット予約 http://www.bflat-mp.com

ショスタコーヴィチの自画像 V 1974年まで

20世紀の巨人、ショスタコーヴィチ。
特殊な時代の栄光と闇を生き抜いた、その目は何を映し、その心は何を叫んだのか。
言語で語れなかったことのすべてを、彼は音符に置き換えた。
自分自身を見つめたその姿は、弦楽四重奏へと深く刻まれてゆく。
古典四重奏団は、その刻印を空間と時間に解き放つ。

5年間で全15曲の弦楽四重奏曲が2公演ずつ行われ、2018年の完結には全曲CDがリリースされる。
軌跡を辿ることでしか観ることの出来ない自画像がある。

第13番 ヴィオラの独白から始まる、アヴァンギャルドな哀歌。
第14番 明瞭かつ深遠、古典的な逸品。
第15番 作曲家生涯の集大成、無限に続く瞑想と昇華のアダージョ。

公演チケット申し込み→古典倶楽部会員用 一般用

お申し込みフォームは古典倶楽部会員と一般用で別々になっています。ご注意ください。

オーダーの流れ

  1. チケット購入希望を入力・送信する。
  2. 希望座席のお問い合わせメールが2,3日以内に着信する。
  3. 希望座席を返信する(各公演別々でも可)。
  4. チケットと郵便振替用紙が1週間以内に郵送される。
     (郵送料・振込み料無料)

 *座席のご希望がない場合は、1のあと、4となります。

近江楽堂座席表

▲Top


ConcertHOME