HOME
コンサートスケジュールはこちら


97年 ベートーヴェン後期四重奏曲全5曲
92〜00年 日本室内楽振興財団

98年 モーツァルト『ハイドン・セット』全6曲
93〜02年 公益信託ルイ・グレーラー記念室内楽基金

99年 バルトーク全6曲
01年 芸術文化振興基金

00年 ショスタコーヴィチ主要5曲
01〜07年
花王芸術・科学財団




・09〜10年

97年度「村松賞」(弦楽四重奏団初)
04年 平成16年度文化庁芸術祭大賞
 (第一生命SQWシリーズ《モーツァルト/ハイドンセット》)
07年 平成19年度文化庁芸術祭優秀賞
 (第一生命SQWシリーズ《ショスタコーヴィチ》)

13年 東燃ゼネラル音楽賞(旧モービル音楽賞)奨励賞


02年 ベートーヴェン弦楽四重奏全16曲

03年 シューベルト主要7曲

04年 モーツァルト『ハイドンセット』全6曲

05年 バルトーク全6曲

06年 ドヴォルザーク主要5曲

07年 ショスタコーヴィチ前半9曲

08年 ベートーヴェン弦楽四重奏曲(第1番〜第9番)

09年 ショスタコーヴィチ後半6曲 92年 モーツァルト第15番、第20番(ALMレコード)

11年 ラヴェル・フォーレ・ドビュッシー h 96年 バルトーク第5番、ベートーヴェン第14番
(エクセルフォン)
00年 ベートーヴェン後期全集/第12番〜第16番・全4枚
(ewe records)

10年 古典四重奏団のベートーヴェン(ベートーヴェン後期7曲)

01年 バッハ『フーガの技法』(ewe records)

11年 古典四重奏団のバルトーク(バルトーク全6曲)
03年 シューベルト『死と乙女』他(avex-CLASSICS)




04年 モーツァルト『ハイドンセット』3枚組
(avex-CLASSICS)

11年秋 バルトーク全6曲 2枚組+解説CD (クレアシオン) 

06年開始・これまでに13回の公演






08年開始・16年終了予定






96年 ニューヨークの鬼才スティーヴ・ライヒと日本人として初めて「ディファレント・トレインズ」を共演(水戸芸術館主催)



99年 ダンスカンパニー「ノマド〜s」との共演でギリシア公演

99年 アテネ・日本大使館での単独公演(国際交流基金助成)


東京文化会館リニューアル記念コンサート


『音楽のタイムマシン』出演(読売新聞社主催)

00、02年 レクチャーコンサート『音楽がみえる!』での構成・
演奏・講師。(東京文化会館主催)


05~08年 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(東京国際フォーラム)より招聘。

05年10月 ドイツ公演(招聘元/バッハ・アルヒーフ・ライプツィヒ)予定。

06年〜 レクチャー付きコンサート『音楽が見える! in 新百合ヶ丘』(主催/弦楽四重奏を楽しむ会)シリーズ継続中



08年〜 『ハイドンの部屋』(主催/松明堂音楽ホール)ハイドン全曲演奏会シリーズ継続中


ヴァイオリン
 

川原千真[第1ヴァイオリン] KAWAHARA Chima

東京芸術大学及び大学院修了。海野義雄、田中千香士、ヴィオラ・ダ・ガンバを平尾雅子に師事。読売新人演奏会出演。芸大オーケストラと共演。アンサンブル「音楽三昧」より7枚のCDをリリース、02年国際交流基金の助成によりアメリカ公演。アンサンブル《BWV2001》メンバー。「バッハ無伴奏全6曲」(2枚組/クレアシオン)をリリース(「レコード芸術特選盤」)



花崎淳生[第2ヴァイオリン] HANAZAKI Atsumi

東京芸術大学及び大学院修了。井上武雄、日高毅、J.W.ヤーンに師事。84年中華人民共和国各地、85年カーネギーホールにて公演。86〜87年ドイツ・カールスルーエに留学。「エルデーディ弦楽四重奏団」メンバー、01、3年ドイツ公演、02年CDリリース。アンサンブル《BWV2001》メンバー。

ヴィオラ
 

三輪真樹[ヴィオラ] MIWA Maki

東京芸術大学卒。海野義雄、原田幸一郎、C.マッキントッシュに師事。87年ザルツブルグ、92年ノルウエーのトロンハイムの各講習会に参加。バロックヴァイオリン奏者としても活躍。00、02年デュオ・リサイタル開催。「コレギウム・アルジェントゥム」、アンサンブル《BWV2001》メンバー。

チェロ
 

田崎瑞博[チェロ]TASAKI Mizuhiro

東京芸術大学卒。桑田晶、山岡耕筰、兎束龍夫、外山滋に師事。「音楽三昧」ではヴィオラと編曲、「タブラトゥーラ」ではフィーデルとガンバ、アンサンブル《BWV2001》では企画・制作とバロック・チェロを担当。合計で20数枚のCDをリリース。北米・欧州・エジプト・インドなどで公演。「クレアシオン」レーベル主宰。

 


HOME