文化庁芸術祭音楽部門大賞受賞!!

■受賞公演

クァルテット・ウェンズデイシリーズ#35・古典四重奏団公演(11月10日)
モーツァルト/ハイドンセット第3,5,6番

■受賞理由

モーツァルト作曲《ハイドン・セット》全曲演奏の後半(第3、5、6番)。作品のもつ生命力と躍動感を、稀にみる緻密で完成度の高いアンサンブルによって表現した。

純正なハーモニーの追求や全曲暗譜による演奏など、同楽団の特徴的な演奏スタイルの長所が見事に結晶し、中でも第6番は滅多に聴くことができないほどの充実した演奏であった。国際的にも十分誇りうる成果であり、大賞にふさわしい。


芸術祭参加公演である上記が、文化庁芸術祭音楽部門大賞をいただきました。これまで心から支援してくださった方々、公演に駆け付けて下さった方々、本当にありがとうございました。

HOME